うしおととら第1話感想|これはキテル!原作イメージそのままの完成度がスゴイ|「うしおとらとであうの縁」

この記事は8分で読めます


うしおととらの図

アニメうしおととらの第1話「うしおとらとであうの縁」の感想です。

あまりに懐かしい作品がアニメ化されて、思わず目を疑いました。

ジョジョといい、20年前からある少年マンガのアニメ化は、リアルタイムで原作を読んでいたものとして感慨深いものがあります。

 

それでは、はじまりはじまり〜。

 

初っぱなから、うしおととらがご対面

《古の昔、人里離れた憂国の地に封印されし一本の槍》

《闇を切り裂き邪を祓うその名は獣の槍》

《獣の槍の宿縁により出会う二つの魂在り。彼らの名はうしおととら》

 

『いいか潮、この芙玄院は由緒正しい寺でな』

『身分の高低を問わず多くの人の魂を沈めてきた。それだけではないぞ』

 

テレビが液晶だ

ひろしじゃん

安定のひろし

 

『うちの寺にまつられとる槍は妖怪退治の名人のありがたーい…』

 

『おかわり!』

 

『人の話をちゃんと聞かんか!!』

『やりやがったな!つかオヤジ今年いくつだ!』

 

『47だ。それがどうした』

 

57くらいにみえるw

 

意外と若かったw
47にしては老けてるよな
47にしては老け過ぎww

 

『分別ざかりの寺の住職が毎朝毎朝ムスコにオバケの説教たれてんじゃねー!!』

 

『ありがたあい槍があるっつーがな!』

 

『見せたことねーだろがよ一回も!』

 

『ホラふくんじゃねーこのボケハゲ』

 

『だれがハゲだってこのちび!』

 

『ちーびちーび!!』

『いてててなにすんだハゲ!』

 

『出かけるのか?』

『ちょっと日本海の方を一週間ほどぶらぶらっとな』

 

「ちょっと日本海の様子をみてくる」

 

『またかよ。いいよな寺の住職はヒマでよ』

 

『旅も修行だ。日本海の珍味を食べ尽くしてくるわ』

 

『蔵の古本を虫干し頼むぞ。それから冷蔵庫の中華まんじゅうは…』

 

『さっさと行きやがれ!』

 

住職らしからぬラフな格好w
テンションたけーな蒼月家
序盤からブッ飛んでるなwwww
このやり取り懐かしい。

 

『妖怪だの槍だのガキの頃からくどくど聞かせやがって…』

 

文句は言いつつも片付けはちゃんとやる潮いい子

 

『うおっ!?』

 

扉・・・

ぁ ゃι ぃ
開けたくなるヤツ

 

『何か入っとるのか…なっと…』

 

馬鹿力すぎるw

 

『痛つつ…地下か』

 

『は~~~~…』

 

なんかいる

いきなり妖怪イター

 

『人間か……』

 

ぎぃぃぃぃぃっ、って笑顔が良い、良いじゃんか
ハンバーガーあげよう!
OP映像も歌もめっちゃかっけえ〜!!!
筋肉と少女、確かに混ぜるな危険だw
力強くていい映像だった
とらちゃん!!OPめっちゃかっこいい!!
なんか色々クオリティ高いなおい。最後まで持つのだろうか 
わざと90年代臭出した演出なんだな 
藤田先生のタッチを感じさせながらも野性味たっぷり、素晴らしいOPだ!

 

うしお『うわああああ!!なんだお前!?』

とら『やれやれ…500年ぶりの人間はずいぶんやかましいな』
うしお(ひょっとしてオヤジの言ってた槍ってこれのことかよ…!?)

とら『バケモノがそんなにめずらしいか?ならば、ついでに自由になったバケモノも見せてやる。この槍を抜きな…小僧!』

 

とらの声って、小山力也なん?

かなり、まじとらなんだけど。

力ちゃんの新境地だ。

 

とら『500年の間!わしはこの忌々しい槍でここにはりつけられてきた。どんなにもがいてもこの槍は抜けぬ』

 

よくもまぁ五百年数えてたなw

とら『この獣の槍がよ…』

うしお『けものの…槍…?』

 

獣の槍…(ゴクリ

『知らんのか?人の魂を喰いながら邪を裂き鬼を突くこのクソったれな槍を…ま、いいから早くこれを抜け』

 

なんで頼むほうが偉そうなんだwww
物知りとらちゃん 
槍を抜いてやり直そう
自分の肉は裂けないのかな

 

うしお『それを俺が抜いたらお前はどうするつもりだ!?』

とら『知れたことよ』

(※ケモナー相手に言ってはいけないワード)

とら『まずおのれを食らって、昔のようにこの辺の人間どもを地獄へひきずりこんでくれるわ!

 

とら『うっぎゃあああああああぁぁぁぁぁ』

 

とらさんは、嘘つけないタイプ。

悪い妖怪だけど、悪者になれないのね。

 

バカだwwwwwww
正直すぎィ!
とらさん、バカだろw
デフォルメとらかわいいw

とら『いてててててておまえ何をする~~~っ!!』

うしお『そんなこと言われて自由にするかボケなすっ!!』

とら『イテテテテ!!』

 

そらそうよ
そんな簡単に人外のいうことなんざ聞くかよなあwww

とら『くそおお~うぬはわしが絶対に食ってやるからな。覚えとれよ~』

うしお『へーそうかいそれは次に来たヤツに言ってやれよ』

とら『あ~~まてまて!!』

 

とら『そうだこうしよう!この槍を抜いてくれたら何でも言う事を聞いてやる』

うしお『それで自由になったらどうすんだよ?』

とら『そりゃまずお前を食って…』

 

とら『おっ おいっ!』

うしお『人の命が食いもんにしか見えない妖怪を誰が野放しいするか!じゃ』

とら『わかった食わないって!お前は動けるままだ!でもほかの人間のイノチはお前にカンケーないだろ!?』

とら『気に入らんヤツでもなんでも殺してやるから!』

うしお『一生そこで磔になってろ!!』

 

今んとこ声のイメージ完璧じゃねぇか…
声がイメージと合いすぎ

うしお(しかし驚いたな。あんなもんがうちの蔵の中にいたなんて)

 

井上『蒼月くんおはよう!』
うしお『おう井上』

『難しい顔してたけど悩み事?』

中村『蒼月に悩みなんてあるわけないもんねー』

うしお『中村…!』

 

『私の貸したノート持ってきた?』

うしお『・・・・・・。』

『忘れ物癖が治らない事を悩んでほしいわ』

 

割と普通なんだけど長めのスカートが新鮮に映る
一学年に七組以上あるってだけで時代感じますよね…

うしお(オヤジが帰るまであのままか…)

 

すげー鉛筆絵
潮の絵のとらちゃんがwww
特徴は捉えている

 

『また下手な絵描いてんのか?』

『前衛的ってヤツ?』

 

これじゃ、まあまあ上手いだろ。
ナルサスより上手い

『がんばれ美術部員』

うしお『うるせえ!』

 

そういや美術部だったなw

 

うしお『よっしゃあ!!』

『相変わらずスゲーな』

 

ヨッシャアアア
すげえ運動神経 
サッカー部入れよww
サッカー部員より強いw
運動神経抜群なのに、絵を描くのが好きとは
部活間違ってる感高いよなあ、うしおw

 

『あっヤベ!中村!』

『ハアアッ!』

 

背面下痢
すげーーーーーーーーーーーー
すんごい蹴りww
こっちも強い
ホームラン!
サッカーはボールをホームランする競技ではない
なんだこの強キャラ男女
おっかねぇwwwww

『中村って潮だけには厳しいよな~』

『皆には親切なのにな~』

 

正妻かな?

それと、昭和臭いっぱいだったのに、ブルマじゃなかった。

もうブルマって死滅したの?

 

嫁かな?
なんか古きよきノリだ
セルアニメーション時代感ある
そういえばブルマじゃない
ほんとだブルマじゃないwwww
散々昭和テイストだったのに、ブルマじゃないのなw
ブルマ、それはもう既に歴史遺産。
観やすい、なんかすごい安心感ある
真面目絵もギャグ絵も原作っぽさがすごいぞうしとら!

 

とらのことが気になるうしおの図

とらのことが気になるうしお

うしお(…ほっときゃいいんだよ)

 

だれが入るかバカ
だれが入るかバカwww
オレーのアトリエ(ガスト感)

気にしねえ(気になる)
(゚ε゚)キニシナイ!!
気になるご様子

 

麻子『ったく何で貸してやったノート私がわざわざ取りに来なきゃいけないのよ』

『なーんて言って麻子嬉しそうだよ』

麻子『ふざけないでよ!誰が!』

『あれ、うれしく?私はうれしいな』

『じゃあ蒼月くんもらっていいの?』

『どーぞどーぞ御勝手に!』

 

立派なツンデレ乙
かわE
なんか昭和のテンプレッて感じがして、逆に新鮮ですね
モテモテじゃの~~~
一話始まる前から惚れられているタイプの主人公

 

うしお『あぁ中村。井上もどうした?』

麻子『ノートよ!』

 

ノートの存在、完全に忘れてるやないかw
やっぱりヒロインは2人ぐらいが丁度良いと思うんだ
麻子ちょっとだけ美人度上がったよねw

 

麻子『取りに行くって言ったでしょ!大体いつもいつもアンタね…』

 

なんかいるううう
深海生物みたいなのがいる
これ幽白でみたことある!
アレ目細めると見えるやつでしょ?
スカイフィッシュだろ
蟲のしわざですな

 

うしお『お前らうしろ!!』

 

しむらー!

麻子『…なによ驚かさないでよ!』

 

こいつらには見えていない?
人はそのものらを蟲とよんだ

 

『どうしたのよ』
『虫でもいるの?』

 

『あ!このっ!』

 

πタッチ

 

麻子『何してんのよバカ!!』

真由子『いいのに…』

 

イイときたか!w

なんか可愛い。

 

そういえば、井上ってこんなキャラだったね。

麻子も真由子も最初から主人公に対する好感度高くて、昔のマンガっぽいです。

最近のはヒロイン攻略型のストーリーばかりだったけど、最初から出来上がってるって言うのも新鮮に感じる。

 

うしお『おいバケモン!てめー俺の目に何かしたろ!』

とら『くくっ…』

 

あっ起きてた

 

とら『くっくっくっくっ…はっはっはっ…』

とら『はーっはははは!ばーか そりゃワシの妖気が呼んだ虫怪や魚妖どもよ!』

 

( ,_ゝ`)クックック・・・

( ∀`)フハハハハ・・・

(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

ダークヒーローの定番スキル、3段笑いw

 

とら『この地下には500年間閉じ込められていたワシの妖気やうっぷんがたまっていた…それをお前が解放した』

 

ウップ~ン♡
溜まっていたのは妖気や鬱憤だけなんですかねぇ…?

 

とら『妖気は流れ出てこの辺りの低級な小妖怪どもを引き寄せたのさ』

 

てーきゅうな小妖怪?

 

とら『ワシに接したお前は他の人間より早く見られるだろうがな。いまにやつらは実体化して人を襲うぞ』

 

えらいこっちゃやで
モンスターがじったいかした!

麻子・真由子『きゃあああああああああああ!』

 

すでに襲われてる。

 

ああああああ!!!麻子が、真由子があああああああ!!!!?

 

『お前のせいだな!お前がここを開けなけりゃよかったんだ』

 

あいちゃったんだもん

うしお(そうだ俺のせいだ…俺のせいであいつら…!)

 

くぅ・・・
俺が生まれてこなければ・・・
解放、するしか……!?
俺は悪くねぇ!

 

とら『わかってるな。ワシならできるんだぜ』

とら『そのためにはこの槍が邪魔だがなあ…』

 

悪魔と契約する流れ。

 

 

:(;゙゚’ω゚’):
選べ!
契約する流れだ
僕と契約してこの槍を抜いてよ

うしおくんのプリケツ
三点着地は基本

 

うしお『…やっつけてくれよ』

とら『約束は守るさ…』

 

とら「よろしくお願いしまあああああああああああああああああああああああす」
よろしくお願いしますのとこか
サマウォとタイミング同じw
よろしくタイム
本当に約束守るのかね…
怪しい

 

槍が……抜かれる…… 
抜けるのか?
え?抜くの?なんで?結局やべぇの解放されるだけじゃん?
ついに獣の槍が! 
抜くぞ抜くぞ!!
痛くないのかな…とらさんw
抜いちゃう~
ドキドキ

 

うしお『うわっ!』

とら『よくもワシをコケにしてくれたなああ…』

うしお『約束はどうなる……あいつらは…』

 

とら『誰が人間との約束なんて守んだよ!あーっはっはっはっは!』

うしお『きたねえぞ…』

 

うしお『きたねえぞ!きさまーッ!』

 

きさまああああああああああああああ
きったねぇぞ!きさまあああああああああああ!!!

 

(しまった!コイツまだ槍を持ったままだったんだ…)

 

(ということは…あの時と…)

(500年前ワシを磔にしたサムライと同じだああ…!)

 

『あああ~~~!!』

 

『うわあああああああああああ』

 

逃げてるwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
ええっ!?とら急にかわいくなったw
なんという犬wwwwwwwwwwwwwwwww
この獣くんはどういうキャラなんだよwwwwwwww
変わりすぎだろwwww
この化け物はドジっ子なのか…

 

テロだああああああ
おいテロ
東京都で竜巻?このタイミングで?

 

『どけええええええええ!』

 

槍抜いたから竜巻がw

獣の槍が竜巻を呼ぶのか
なるほど、確かに小妖怪の竜巻だw
雷はアニメで出てますな

 

『わあああ参った参ったあ!約束通り妖怪はやっつけてやるぜ!』

『だからカンベンしてくれえ!』

 

泣いてるwwwwwwww

 

『なんなのよこれ!』

『キャアアアアアア』

 

とら『やってくれるぜ。巨大化していきやがる』

 

めっちゃ強そうなのでてる

 

うしお『先にお前がいけ。俺がとどめをさす』

とら『はっ はいっ!』

 

ごっつぁんゴール指示w
はっ、はいー!
は、はいwww
ハイ〜〜〜〜〜wwwwwwwwwwwwwww
髪伸びてる時の潮の声かっけぇな

 

とら、完全にパシリ

うしお『ウウウウオオオオオオオオオ』

 

槍の金属音がやけに重量感合って良い。

 

赤いエフェクトが妖怪っぽくていいねえ

 

『……槍が…教えてくれた…』

 

脱毛
貴重な髪が
サラサラ

 

 

『この槍は妖怪を退治するためだけに二千年も昔中国でつくられた…「獣の槍」』

 

マジかよ中国すげえ
髪がぬるぬる落ちていく
俺の毛髪力だと1回の使用でつるっぱげやろうな…
妖気が髪の毛状に固まって長髪っぽくなる設定がしっかり解るね。

『人の魂を力に変えて妖怪を討つ…故に使う者は獣と化し槍と一体となり妖怪を倒すためだけの生き物になってゆく』

 

なんて親切に説明してくれる槍なんだ
色々設定を教えてくれる槍

うしお『お前を刺した侍もそうだったんだろ?』

とら『ああ…』

とら『じゃ、あばよ。』

 

とら『わあああああああああ!』

 

うしお『まさか許されると思ってんじゃないよな?』

とら『だってサカナやムシはやっつけただろ!』

うしお『お前の500年分の妖気だ』

 

うしお『まだ当分は他の妖怪を呼ぶんだろ?お前には妖怪どもを倒す責任がある』

とら『所でお前!なんだって他人のイノチを守ったりするんだ!』

うしお『お前には一生わかんねーよ!それよりも名前がないと不便だな…』

 

あ…見えてないんだっけ
一人で喋ってる事になってるのか
そっか、まゆとあさこには見えてないのかwwwそりゃ変人に見えるw
ヒロインガン放置www

うしお『よし!お前のことをとらと呼ぼう。顔そっくりだしな』

とら『なっ…!やだぞワシはそんなの』

 

うしおをやる気満々のとらの図

うしおをやる気満々のとら

とら(人間め!こうなったら憑りついてやる。スキをみて絶対に食ってやるぞ!)

とらをやる気満々のうしおの図

とらをやる気満々のうしお

うしお(こんなヤツを世の中に放つわけにはいかねーもんな。いつか絶対この槍で滅ぼしてやるぞ)

 

第壱話終了の図

第壱話終了

 

お互い、殺す気満々w
内心お互いメラメラwww

 

第弐話タイトル「石喰い」の図

第弐話タイトル「石喰い」

 

 

昭和臭ハンパないが、原作に忠実すぎてスゴイ!

おもろい
1話としてはバッチリな感じだ
ちゃんととらが透けてるのいいな 
完ぺきに仕上がってるじゃないか! 
これ普通に夕方アニメでよくないか!?
やばい!20年前の作品なのにやっぱりおもしろい。魂のこもった名作とはそういうものかもしれない。
原作読んだのがウン十年前すぎて内容はほとんど忘れたけど、懐かしいノリで今後が楽しみ
いやあ、これは文句なしのアニメ化だわ!良い仕事してるぜ! 
このペースで全部やってくれたらなあ・・・

 

いい感じだ

面白いとか楽しいとかより
まず懐かしくてうれしかった

 

 



スポンサード リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 雪ノ下陽乃の笑顔の図
  2. 冴えカノキャラクターの性格
  3. 最終話のアイキャッチの図
  4. 八幡の耳元で囁くいろはの図
  5. 雪乃を追いかけようという由比ヶ浜の図
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


あにあぷについて

アニメとマンガが大好きな「サイトの中の人」です。

視てるだけじゃなくて自分でも何か作って発信できないかと思い、AndroidとiPhone用に好きな作品のファンアプリを開発していくことにしました。

アプリを作ってほしいアニメやマンガがあったらお問い合わせフォームから書き込んでもらえると有り難いです。もしくは、記事のコメントに書いてくれるのもあり。


▼更新情報はここで登録して受信できます

follow us in feedly

運営者情報はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

スポンサード リンク

人気の投稿とページ

スポンサード リンク